Webサイトの作り方〜それからデザインの制作事例〜 /

Webサイトの作り方 〜株式会社アカセ〜

2017-08-31 20.55.59

先日、システム開発会社「株式会社アカセ」のコーポレートサイトをリニューアルしました。それからデザインで企画、デザイン、CMS構築に至るまで同サイトの制作を全面的に担当したのですが、今回はこのプロジェクトについてご紹介したいと思います。

株式会社アカセ URL : http://aks-system.co.jp

アカセさんとのお付き合いは古く、過去には経営理念の策定に関わらせていただいたり、同社が強みとする地図情報管理システムの技術を応用したWEBアプリ「サイクリングロードマップシステム」のUI/UXデザインを担当させていただいたりしています。
旧サイトは6年前に制作したものですが、新しい事業やサービスも追加されていて実態に則した内容にしたいということ、そして、採用に力を入れたいとのご相談があり、プロジェクトがスタートしました。

Webサイトの企画

Webサイトの企画は「カスタマージャーニーマップ」を元に練り込んでいきました。カスタマージャーニーマップとは、ターゲットユーザーの行動を旅に見立てて図式化したものなのですが、私たちはまずリサーチ段階でカスタマージャーニーマップを作成します。

このリサーチで一番大事なのは、最下段のユーザーの心理・思考です。各段階でのユーザーの心理が企画を考える際のヒントになります。 (下図参照*アカセさんの場合は採用をメインに考えていたのでターゲットユーザーを求職者としています。)

スクリーンショット 2017-08-31 20.14.57

次に洗い出したユーザーの心理に作用するような企画を考えていきます。

例えば「どんな仕事ができるんだろう」という心理に対しては、開発プロジェクトをストーリー仕立てで紹介する「開発ストーリー」という企画で応える、というような提案をしています。
この要領で大まかなコンテンツをまとめ、クライアントさんと摺り合わせをしたところ、「職場の雰囲気はどんなだろう、どんな人達がいるんだろう」という心理に応えるコンテンツとして、社員のみなさんが写真と一文で手軽に更新できる「日々のアカセ」も設けることにしました。

Webサイトの設計

サイトの設計段階では、提案した企画をWEBサイト上でどのように見せていくか、ナビゲーションや動線を設計します。下図のようなワイヤーフレームを元にユーザーの動きをシュミレーションして動線を検討します。
今回悩んだのはオフィシャルサイトと採用サイトの関係です。採用サイトをオフィシャルサイト内に入れるかまたは独立させるか迷いましたが、それぞれでターゲットが異なることもあり、採用サイトは独立させました。ただ、全く別物にならないように、一部コンテンツは共有したりグロナビにはそれぞれのサイトへの動線を確保したりするなど2つのサイトが自然につながるように配慮しています。

スクリーンショット 2017-08-31 20.19.26

デザインの方向性

デザインについてはクライアントさんとワークショップを行い、アカセさんらしいと思う写真やイラスト、音楽や映画などを集めて世界観を摺り合わせていきました。 アカセさんの持つ、真面目で誠実な印象を表現し、かつオフィシャルサイトと採用サイトを対比するようなカラースキームを採用し、全体の雰囲気を作ります。
また、打ち合わせを通じて出てきたのが、背景に動画を使うというアイデアです。システム開発を写真で表現するのは難しいと判断し、普段の仕事風景を動画で見せることで システム開発会社の雰囲気を感じてもらおうと考えました。あえて演出せず仕事している風景をドキュメントタッチで撮影し、アカセさんの真面目で誠実な雰囲気を表現できたのではないかと思います。

スクリーンショット 2017-08-31 20.46.38

CMS構築

リリース後に、クライアントさん自身で追加・更新できるコンテンツとして「日々のアカセ」を企画していたので、CMSを導入しました。オフィシャルサイトと採用サイトのそれぞれにCMSを導入し、トップページでは共通のニュースを表示したり、採用サイトの「日々のアカセ」をオフィシャルサイトのトップページに表示できるようにもしています。
また、「日々のアカセ」は社員のみなさんが更新できるというのがポイントだったので、ブログよりも手軽に更新できるよう写真をメインに文章は短くても違和感のないテンプレートを作成しました。また、Webサイトリリース時には更新マニュアルを作成してクライアントさんにお渡ししています。

まとめ

今回のプロジェクトでは、企画・設計、デザイン、コーディング、プログラムの各担当がそれぞれに考え抜いて、随所に工夫を凝らすことができたのではないかと思っています。リリースから3ヶ月経ちましたが、クライアントさんが更新する「日々のアカセ」も盛り上がっているようです。WEBサイトは作って終わりではなくて使うもの。このようにサイトが使われているのを見るのは本当に嬉しいものですね。

この記事を書いた人

永井史威

関連記事RELATED POSTS

PAGE TOP