Webシステム開発 雑記帳 /

XAMPP・MAMPをインストールして、PHPを動かす環境をつくろう [Windows版XAMPPのダウンロードとインストール]

お手元のPCにWebサーバを構築できるソフトウェア、XAMPP・MAMPの紹介です。 ご存じのように、純粋なHTML+CSSは、エディタとブラウザさえあれば書き始めることができます。 しかし、PHPはサーバーサイド言語なので、Webサーバと組み合わせて利用します。 PHPを動かす場合には、PHPを動作させる開発環境の構築からスタートしなければならないわけです。 このあたりが、Webデザイナーさんからすると「環境作るだけで疲れちゃいそうだね・・・」なんて、躊躇するポイントかもしれません。 Webサーバを真っ当なやり方で構築しようとすると、とっても手間がかかります。 私がWebデザイナーならば、面倒なWebサーバの構築はエンジニアに任せたい思うわけです。 そんなWebデザイナーさんにおススメしたいソフトウェアが、XAMPP(ザンプ)やMAMP(マンプ)です。 お手元のPCにインストールするだけで、速やかに環境を整えられます。 このソフトは、お手元のPC上にインストールするだけで、PHPを動かす環境が全て整ってしまう夢のような(?)ソフトウェアなので、 少しでも楽をしてPHPを動かしてみたいWebデザイナーさんに、とってもおススメです! 今日は、Windows用の XAMPPのダウンロードとインストール方法を書きたいと思います。    

XAMPPをダウンロードする

日本語公式ホームページより、Windows用のXAMPPをダウンロードします。 http://www.apachefriends.org/jp/xampp.html 「XAMPP for Windows」と書かれたリンクをクリックしてください。 001   Windows用XAMPPのダウンロードページが表示されます。 002   XAMPP本体のダウンロードは以下の3種類が用意されていますが、インストーラをダウンロードします。
  • インストーラ
  • ZIPアーカイブ
  • 7zipアーカイブ
003   SourceForgeより自動的にダウンロードが開始されますので、 任意の場所に保存しておいて下さい。 004    

XAMPPをインストール

先ほどダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストーラを起動します。 Windows 8 /7/Vista では、ユーザーアカウント制御(UAC)というセキュリティー機能が備わっているため、以下のようなメッセージが表示されます。 気にせず「はい」を押して進みます。 005   インストールの前にQuestionのメッセージが表示されますが、「ウィルスソフトが動いているとインストールがうまくいかないかもよ~」という内容のようなので、気にせず「Yes」で進みます。 (私の環境では、ウィルスソフトが動いていても問題なくインストールできました) 006 また、警告メッセージが表示されました・・・ 007 上の警告は、先程のユーザーアカウント制御(UAC)より、XAMPPの機能が制限される場合があると言っているようです。 内容的には、

1.C:\Program Filesフォルダ以外にインストールする 2.UACをオフにする

どちらかで対応しなさいね! ということのようです。 「OK」を押すと1.の方法にてインストールの準備が進みます。   SETUP画面は「Next」をクリックします。 008   「Choose Components」画面ですが、特にチェックを外す必要がないので、 すべてチェックしたデフォルトの状態で次に進みます。 009   「Choose Install Location」画面です。 インストールするディレクトリの指定を行うことができますが、既定値の「c:\xampp」のまま、先に進みます。 変更されたい場合は、「Browse…」ボタンをクリックして変更をして下さい。 ただし、インストールフォルダは「\Program Files」以外になるように設定して下さいね。 010 Nextをクリックして先に進みます。 011 次の「Ready to Install」画面です。 Nextをクリックすると、いよいよインストールが始まります。 012   インストール終了まで、少し時間がかかります。 一息入れて、待ちましょう。 013 インストール終了画面です。 「Do you waht to start the Control Panel now?」のチェックボックスにチェックがされていることを確認して、 「Finish」をクリックします。 014 xamppを動かす、コントロールパネルが表示されますので、ApacheとMySQLのボタンを押して、 いつでもPHPが動かせる環境にしておきましょう。 015   XAMPPをインストールしておけば、非プログラマさんが簡単にPHPを動かす環境を整えられるだけではなく、 ファイルパスをスラッシュ(/)で始まるサイトルート相対パスで納品する場合などにも使えると思います。

この記事を書いた人

堀孝文

PAGE TOP