Pocket

WordPressには、自動で最新版にアップデートができる便利な機能がありますが、何かの都合でWordPressやお使いになられているプラグインの更新が出来ない場合、その便利な機能が逆に煩わしいと思うことなどありませんか?

20141125-01

お客様に納品する場合など、お客様によっては権限によってはご自身でアップデートができないので、更新情報が表示されると不信感をいだく場合もあったりするかもしれません。

また、WordPressのアップデートは、セキュリティ対策なども含まれているので脆弱性を改善する意味でもアップデートは行わなくてはいけませんが、自動で最新版にアップデートされてしまうと、そのアップデートが原因でトラブルが起こる場合があるので注意が必要だったりしますよね。

アップグレードの前には、必ずバックアップを取ったり、動作の確認をきちんとした上で最新版へ手動アップグレードをするほうが安心して運用できるのではないかと思うのですが、アップグレードの検証が終わるまでの期間、この煩わしい更新情報を非表示にしておきたいと感じてる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、 WordPressの更新情報を非表示に出来る便利なプラグインのご紹介と共に、WordPressのカスタマイズに慣れていいて、プラグインを導入する手間を省きたい方にオススメのソースコードのご紹介をしたいと思います。

 

Disable WordPress Core Update プラグインで更新情報を消す

Disable WordPress Core Updateプラグインは、ダッシュボードの上部のアップデート案内を消す事ができるプラグインです。

プラグインのインストールは、配布先のページよりプラグインをダウンロードするか、管理画面のプラグインの検索画面より「Disable WordPress Core Update」を検索してインストールを行います。

プラグインの配布元:https://wordpress.org/plugins/disable-wordpress-core-update/

20141125-02

使用方法は、プラグイン有効化するだけで、すぐに更新情報を消すことができます。

 

Disable WordPress Plugin Updates プラグインでプラグインの更新情報を消す

Disable WordPress Plugin Updatesプラグインは、サイドメニューのプラグインの更新情報や「ホーム」直下の更新に出てくる数字を消す事ができるプラグインです。

20141125-03

プラグインのインストールや使用方法は、先程ご紹介をさせていただいた「Disable WordPress Core Update」と同じで、プラグイン有効化するだけで、すぐに更新情報を消すことができます。

 

Disable WordPress Core UpdateとDisable WordPress Core Updateの2つのプラグインを組み合わせることで、WordPressの更新情報を簡単に非表示にすることができます。

 

 

プラグインを使わずに、ダッシュボードの更新情報やプラグインの更新情報を非表示にする

WordPress のカスタマイズやPHPに詳しい方であれば、以下のコードをつかってダッシュボードの更新情報やプラグインの更新情報を非表示にすることもできます。
プラグインを導入する手間を省きたい場合などに適しています。

以下のコードを fanction.php に貼付けていきます。

 

WordPressの自動更新チェックを停止する

 

 管理メニューのアップデートの数字を消す

 

 管理メニューから「更新」を消す

 

 

 

スタッフ募集のお知らせ

株式会社それからデザインでは現在、エンジニア・プログラマー、デザイナー、ディレクターを募集しています。自社サービスやクライアント企業のブランディングに関わるモノづくりの現場であなたの経験を活かしてみませんか?
ご興味のある方は、下記より募集要項をご覧ください。

生きるように働く人の仕事探しサイト「日本仕事百貨」に、当社のSE・プログラマー募集の記事が掲載されました。是非ご覧ください。