Pocket

WordPressには「the_title()」「the_content()」「the_category()」といった、記事のタイトルや記事に紐付けたカテゴリー名を表示する関数などが多くあります。その中でもタクソノミーやタームの表示に関係する関数が多く混乱してしまうことがあるので、タクソノミーやタームの情報を取得する関数をまとめてみました。

▼タクソノミー、タームの情報を取得する代表的な関数

アーカイブページのループ内やシングルページでよく使う関数
get_the_terms
wp_get_post_terms
wp_get_object_terms
get_the_term_list
the_terms
サイドエリアなどターム一覧を表示させるときによく使う関数
get_term_by
get_term
get_terms
アーカイブ一覧ページでタクソノミー名やターム名を見出しなどで使いたいときによく使う関数
get_taxonomy
single_term_title

get_the_terms

参考URL:関数リファレンス – get_the_terms

wp_get_post_terms

※オプションを指定することで表示順をソートすることができます。
参考URL:関数リファレンス – wp_get_post_terms

wp_get_object_terms

参考URL:関数リファレンス – wp_get_object_terms

get_the_term_list

参考URL:関数リファレンス – get_the_term_list

the_terms

参考URL:関数リファレンス – the_terms

get_term_by

参考URL:関数リファレンス – get_term_by

get_term

参考URL:関数リファレンス – get_term

get_terms

参考URL:関数リファレンス – get_terms

get_taxonomy

参考URL:関数リファレンス – get_taxonomy

single_term_title

参考URL:関数リファレンス – single_term_title

まとめ

get_the_term_list」や「single_term_title」は比較的多く使われる関数だと思いますが、タクソノミーやタームをもっと柔軟にカスタマイズ表示したいときなど、今回紹介したさまざまな関数を試してみると、目的にぴったりの関数がきっと見つかるはずです。

 

スタッフ募集のお知らせ

株式会社それからデザインでは現在、エンジニア・プログラマー、デザイナー、ディレクターを募集しています。自社サービスやクライアント企業のブランディングに関わるモノづくりの現場であなたの経験を活かしてみませんか?
ご興味のある方は、下記より募集要項をご覧ください。

生きるように働く人の仕事探しサイト「日本仕事百貨」に、当社のSE・プログラマー募集の記事が掲載されました。是非ご覧ください。