Pocket

インターネット広告にはさまざまなものがありますが、そのなかで「アフィリエイト広告」は、成果報酬型のインターネット広告のことです。今回はアフィリエイト広告のしくみと導入の方法をご紹介します。

アフィリエイト広告のしくみ

個人のブログやサイト(ウェブサイトA)を運営している人が、あるサイト(サイトBの)商品購入や資料請求などにリンクする広告を自分のサイト(サイトA)に掲載します。そして、(サイトAを)訪れた人がその広告をクリックしたタイミング、または広告主のサイト(サイトB)に移動して商品の購入や資料請求の申し込みがあったタイミングで費用が発生します。
そう、アフィリエイト広告は「最終成果」または「クリック」が発生した件数に応じて広告費用を支払う、成果報酬型の広告です。そのため、基本的に広告掲載には費用がかからず、無駄な広告コストを減らして効率よく成果が獲得できることがメリットです。

成果が発生すると、広告主はアフィリエイト広告の掲載先であるウェブサイトやメールマガジンを運営している人(アフィリエイター)に、成果件数に応じて事前に設定した報酬額を支払います。広告を掲載するアフィリエイターはより多く成果を獲得するために広告の掲載場所や商品の紹介方法などを試行錯誤して掲載してくれます。

アフィリエイト広告は、アフィリエイターのサイト内容に関連の深い商品広告の方が、興味を持つ人が増えて成果が発生しやすくなります。アフィリエイターはより高い成果を得るために、自分のサイトと合った内容の広告を度選んでくれることが多いので、広告主にとっても漠然と広告を打つよりも見込み客に見てもらえるチャンスが広がるのです。

pic-20140804_

アフィリエイト広告をはじめるには?

アフィリエイト広告を利用する広告主またはアフィリエイターになるには、「アフィリエイトプログラム」というものを導入する必要があります。
アフィリエイト広告の成果を測るためには、どこのサイトから何件の成果が発生したのか?を正確に把握し、成果報酬額を集計する必要があります。このシステムを一括して担うのが「アフィリエイトプログラム」です。

アフィリエイトプログラムは、自分で作ることも不可能ではありませんが知識と技術がなければできないため、通常はインターネット上で利用できる(ASP型の)アフィリエイトサービスを利用します。これらのサービスはで月額の使用料や成果に応じての費用が多少発生しますが、アフィリエイトに必要なシステムがすべて含まれています。トラッキング集計や広告リンクなどの複雑なシステムを自分で構築する必要がなく、バナー画像を用意して登録さえすれば、広告主はすぐにでも利用できるようになるということです。

また、自分でシステム構築を行っている場合は掲載してくれる人も自分で探さなくてはなりませんが、広告を掲載してくれるアフィリエイターを探す手間が省けるのもこれらのASPサービスのメリットのひとつ。広告主と同じように、掲載する広告を探してASPサービスに登録しているアフィリエイターがいるので、見込みのあるアフィリエイターにメッセージを送って掲載を呼びかけることもできます。

アフィリエイトシステムを提供しているASPサービスは、TGアフィリエイトe-clickJANetA8.netGoogleAdSenseなど、数十種の業者があり、それぞれ商品特性や予算が異なります。導入を検討されている広告主や広告を掲載したい方は「アフィリエイトサービス 比較」などで検索してみると、各サービスの特徴比較サイトがたくさん出てくるので見比べてみてください。

 

スタッフ募集のお知らせ

株式会社それからデザインでは現在、エンジニア・プログラマー、デザイナー、ディレクターを募集しています。自社サービスやクライアント企業のブランディングに関わるモノづくりの現場であなたの経験を活かしてみませんか?
ご興味のある方は、下記より募集要項をご覧ください。

生きるように働く人の仕事探しサイト「日本仕事百貨」に、当社のSE・プログラマー募集の記事が掲載されました。是非ご覧ください。