Pocket

Webサイトの制作依頼をいただく際、これまでは「パンフレットや広告に合わせてWebサイトを制作してほしい」という要望がほとんどでした。

しかし、最近ではWebサイトに合わせてパンフレットや広告を制作するという、これまでとは逆の流れでご依頼いただくことも増えています。

徐々にWebサイトが企業のプロモーションの中心になってきているという実感があるのですが、今回は企業プロモーションにおけるWebサイトについて考えてみたいと思います。

これまでの企業のプロモーション

企業はこれまでどのようなプロモーションを実施してきたのでしょうか?下に例を挙げてみます。

パンフレット
カタログ
チラシ
ニュースリリース
広報誌
デモンストレーション
マス広告(TV、CM、新聞広告など)
イベント
展示会
.etc

上記に加え、近年ではWebサイト、メールマガジン、SNSなどオンラインのプロモーションツールも使われるようになっています。

ほとんどのプロモーションはコーポレートサイトで再現できる?

実は上記に挙げたほとんどのプロモーションはコーポレートサイトで再現できます。例えば企業パンフレットや製品パンフレットは、会社概要やサービス概要ページで、カタログは製品一覧ページや価格一覧ページで表現できます。それぞれをコーポレートサイトのコンテンツに置き換えると下記のようになります。

パンフレット → 会社概要、サービス概要などのページ
カタログ → 製品一覧ページや価格一覧ページ
チラシ → サービスやイベントなど、ランディングページ
ニュースリリースPR → ニュース、お知らせページ
広報誌 → オウンドメディア
デモンストレーション → 施工例のページやデモ動画など

コーポレートサイトをプロモーションの中心にするメリット

前述の通り、ほとんどのプロモーションはコーポレートサイトで再現できますが、コーポレートサイトをプロモーションの中心にすることで、さまざまなメリットが生まれます。

1つ目はコストです。コーポレートサイトで最初にコンテンツを用意して、ひとまずWebサイトを見てもらえれば、すべてのプロモーションをカバーすることができます。あとは予算に応じて随時、カタログ、チラシ、広告など必要なプロモーションを組み合わせればいいだけ。コストを最小限に抑えることができます。

2つ目はメールマガジンやSNSによるプロモーションと連動しやすい点です。オウンドメディアを更新したらSNSで発信する、ランディングページができたらメールマガジンで告知するなど、発信したい情報をメールマガジン、SNSなどで拡散できるのもメリットです。

まとめ

Webサイト、特にコーポレートサイトは今後ますますプロモーションの中心になっていくのではないかと思います。まずWebサイトを作ってからその他のプロモーションに展開する、そんな流れがいつかスタンダードになるかもしれないと思うと楽しみですね。

 

スタッフ募集のお知らせ

株式会社それからデザインでは現在、エンジニア・プログラマー、デザイナー、ディレクターを募集しています。自社サービスやクライアント企業のブランディングに関わるモノづくりの現場であなたの経験を活かしてみませんか?
ご興味のある方は、下記より募集要項をご覧ください。

生きるように働く人の仕事探しサイト「日本仕事百貨」に、当社のSE・プログラマー募集の記事が掲載されました。是非ご覧ください。