Pocket

Webサイトを見ていて「Cookie(クッキー)を有効にしますか?」という注意文を見たこと、ありませんか?なにそれ、なんだか有効にしたら悪いことがおこるかも、こわい・・・と感じたことがある方もいるかもしれません。
また、クッキーはよく聞くけど、なんのことかはよく分からないという方もきっといらっしゃいますよね?私もそうでした。
もちろん、食べ物のクッキーのことではなく、ウェブ用語のクッキーです。知らなくても困ることはほとんどないのですが、何に使われるものなのか、知っておいて損はないはずです。

 pic-20140331_001

Cookie(クッキー)とは

クッキーとは、あなたがどこかのWebサイトにアクセスしたときに、ブラウザを通じて配布され、あなたのパソコンのハードディスクドライブ上に一時的に保存される「小さいファイル」です。クッキーのかけらのような小さいファイル。

では、パソコン上に保存されたクッキーはなんのために使われるのでしょうか?

クッキーに書かれている内容は、Webサイトによって少し違いますが、ユーザーの識別や属性、最後にそのサイトを訪れた日時、訪れた回数などが記録されています。
そして、ユーザーがそのサイトに2回目以降に訪れると、ブラウザはWebサイト側(のサーバ)にクッキーの情報を送信します。Webサイトは受け取ったクッキーに応じてサイトの情報を表示。これによって、ユーザーがより快適にWebサイトを閲覧できるようにしているのです。

例えば、IDやパスワードを入力する必要のあるサイトで、IDなどが自動的に表示されたことがありませんか?これは、サーバー側があなたの個人情報を持っている訳ではなく、あなたがサイトにアクセスすると同時に、あなたのPC上のクッキーにをサーバー側が読み込んで、クッキーに書かれている「IDなどの情報」を表示しているのです。入力する手間が省けてラクですよね。

また、yahoo!やGoogleなどの検索エンジンでは、クッキーを利用して、ユーザーがどのページに何回アクセスしたかを把握し、そのユーザーが興味のある情報を判別してユーザーに合ったコンテンツや広告を表示することもあります。

このように、本来クッキーはユーザーのWebサイト閲覧を円滑にするために利用されています。

 pic-20140331_002

Cookeiを無効にする?

個人データを記録するなんて、こわい。と思う方もいらっしゃいますよね。先述したとおり、クッキー自体は悪意あるファイルではないのですが、確かにクッキーが悪用される可能性はあります。あなたのパソコンに不正にアクセスして、パソコンに保存されているクッキーの情報を抜き取って、ショッピングサイトで大量購入されるなど・・・
しかし、パソコンに不正にアクセスされるということは、もはやクッキーがどうこうという問題ではなく、あなたのパソコンそのものが危ない状態。クッキー自体が悪さをするということは、まずありません。

サイトによっては「Cookeiを有効にしますか?」と聞いてくるものがあったりします。個人情報を入力する必要があるWebサービスや、そもそも閲覧環境のセキュリティに不安がある場合は「無効」にしておいた方がよいかもしれません。

クッキーは、あなたが知らない間に保存されていますが、すでに保存されているクッキーを削除することもできますし、ブラウザの設定でクッキーの保存を無効にしておくこともできます。

クッキーの設定方法はブラウザによって異なります。
Google ChromeFire FoxInternet ExploreSafari

Google Chromeでは、アドレスバーに「chrome://chrome/settings/cookies」と入力するだけでもクッキーファイルの一覧が確認できます。

クッキーは本来便利なものなので、セキュリティを万全にしつつ、ちゃんと活用できることが一番よいことなのですが、安全なインターネット生活を送りたいですね。

 

スタッフ募集のお知らせ

株式会社それからデザインでは現在、エンジニア・プログラマー、デザイナー、ディレクターを募集しています。自社サービスやクライアント企業のブランディングに関わるモノづくりの現場であなたの経験を活かしてみませんか?
ご興味のある方は、下記より募集要項をご覧ください。

生きるように働く人の仕事探しサイト「日本仕事百貨」に、当社のSE・プログラマー募集の記事が掲載されました。是非ご覧ください。