Web担当者基礎知識 /

IPアドレスって何?

pic-20140324_001
IPアドレス(Internet Protocol Address)とは、インターネットでつながっているパソコンやネットワーク機器などを識別するためにつけられたインターネット上の電話番号のようなものです。数値は重複することなく1台1台に固有のIPアドレスが割り当てられています。

IPアドレスは何のためにあるの?

インターネットの世界では、世界中にあるたくさんのパソコンやネットワーク機器が網の目のようにつながっていて、ホームページを見るということは、どこかのサーバーに保管されているデータを閲覧したりしているということです。 そして、ネット上でコンピュータ同士がデータのやりとりをするのにはInternet Protocolという通信規約、つまりインターネットを使うための約束ごとが決められています。データの送り方や、1度に送信できる最大容量など、いくつかのルールに基づいてコンピュータがやりとりをして、ホームページを閲覧できています。IPアドレスも、言うなればこの約束ごとのひとつで、どこどこのコンピュータを見るためにはこの番号というように、個々の通信機器を特定するために使われているのです。 インターネットにつながっているということは、あなたのパソコンにもIPアドレスが割り当てられているということです!

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

IPアドレスにはグローバルIPアドレスプライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)という2種類があります。 簡単に説明すると、グローバルIPアドレスは1つのネット回線に対して1つ割り当てられる番号で、世界中のインターネットとつながるために使っている識別番号です。グローバルIPアドレスは、プロバイダなどと契約して使用を開始したときに割り当てられます。 それに対してプライベートIPアドレスは、例えばひとつのネット回線で複数のパソコンを使っている場合などに、パソコンやルータ間のやりとりに使う識別番号です。会社や自宅で、ルータを介して複数台のパソコンを使用する場合がこれにあたります。 電話番号にたとえると、 グローバルIPが外線、プライベートIPが内線のようなイメージでしょうか。 pic-20140324_001 ふだんインターネットをしていても、IPアドレスを目にすることはあまりないので、自分のパソコン(ネット回線)のIPアドレスが何番なのかを認識している人は少ないのではないでしょうか?下記のサイトにアクセスすると、自分のIPアドレスを簡単に調べることができるので、気になる方はぜひお試しください! 確認くん テレビジネスソフトウェア lufttools

この記事を書いた人

佐山

PAGE TOP