Webシステム開発 雑記帳 /

これは便利!WordPressのWP_Queryでよく使うコードスニペット

WordPressでテーマをカスタマイズしていると、WP_Queryを用いて少し複雑な条件で投稿記事のリクエストをしたいことがあります。 例えば、物件の検索サイトなどでよくみられる「最寄駅」「間取り」「価格」といった複数の条件が一致した記事を絞り込む機能なども、WP_Queryに条件となるパラメーターを送ることで、わざわざ複雑なプログラムを自前で書かなくても、WP_Queryが一括して処理をしてくれるのでとても便利です。 呼び出したい記事の抽出条件がよほどイレギュラーでなければ、WP_Queryで大抵の条件にマッチした記事を呼び出せるのではないでしょうか? WP_Queryは、多くの抽出条件をカバーしているだけあってパラメーターの組み合わせが豊富です。 新しい仲間とチームでWordPressのカスタマイズをすることが多くなってきたので、今回は、このWP_Queryのパラメーターをスニペットとしてまとめてみました。   meta_queryで使えるデータ型
データ型 内容
CHAR 文字
NUMERIC ‘SIGNED’の別名
DECIMAL 浮動小数点数
SIGNED 整数(符号あり)
UNSIGNED 整数(符号なし)
DATE 日付
DATETIME 日時
TIME 時刻
BINARY バイナリー
  meta_queryで指定できる演算子の種類
比較演算子 内容
= 値と一致する
!= 値と一致しない
> 値より大きい
>= 値以上
< 値より小さい
<= 値以下
LIKE 値で指定した文字列に一致する場合
NOT LIKE 値で指定した文字列に一致しない場合
IN 値(配列)で指定した何れかに一致する場合
NOT IN 値(配列)で指定した何れかにも一致しない場合
BETWEEN 2つの値で指定した範囲内(境界を含む)場合
NOT BETWEEN 2つの値で指定した範囲外の場合

この記事を書いた人

PAGE TOP