Web担当者基礎知識 /

「ハングアウト」を使って簡単にテレビ会議をしよう!

pic_20141014
遠方のクライアントと打ち合わせをしなければならないとき、みなさんはどうしていますか? できるならば顔を見て話をするのが、一番よいですよね。 今回は、簡単に無料でテレビ会議ができる「ハングアウト」についてご紹介します!
ハングアウトとは? 「ハングアウト」はGoogle+(グーグルプラス)が提供しているサービスのひとつ。Google+に登録している人同士でチャットができるだけでなく、パソコンに接続したカメラとマイクを通じてテレビ電話をすることもできるサービスです。最大10人まで同時に通話することができる。
Google+とは? 2011年にGoogleが発表したSNSサービス。Googleアカウントで利用できる。Google+上で友だちと繋がったり、好きなものを共有したり、「ハングアウト」を利用してチャットやテレビ電話をすることができる。 Google+でできること

ハングアウトを使うために用意するもの

① パソコン(ネットにつながったもの) ② ウェブカメラ ③ マイク(マイク内蔵のヘッドセットでもOK)

pic_201401014_001

マイクとカメラが一体型の製品もあります。たとえば「LOGICOOL HD プロ ウェブカム C920」など。楽天やAmazonや街の電気屋さんで売っているので、パソコンと接続できるものを購入しましょう。また、MacやiPadなど最近のPCではあらかじめマイクとカメラが内臓されているものも。

ハングアウトを使うためのSTEP1

Google+を利用するために、まずはGoogleアカウントを作成します。→ Googleアカウントの作成方法 ※すでにGoogleアカウントを持っている方はプロフィールの登録のみでOK!

ハングアウトを使うためのSTEP2

Google+にログインして、ハングアウトを開きます。 pic-20141014_002 ① 右上のハングアウトのアイコンをクリックします。 ② “新しいハングアウト”の欄にハングアウトをしたい相手のアドレスまたは名前を入力します。 表示された相手のアカウント名をクリックすると、チャットボックス表示されます。 ※相手がGoogleアカウントを持っていない場合は、Google+のはじめかたのURLを伝えて登録しておいてもらいましょう。 ③ チャットボックスのビデオボタンをクリックします。すると、ビデオ電話の呼び出し画面が立ち上がります。 呼び出しをすると、相手のGoogle+画面に「ハングアウトへ招待されています」という通知が表示されるので、あとは「応答」をクリックしてもらうだけ。テレビ電話がスタートします! いきなり呼び出しても、相手の準備ができていないかもしれないので、チャットボックスで「準備OKですか?いまからかけます」などとメッセージのやりとりをすると、よりスムーズかもしれません。 いかがでしょう? 少し前は「テレビ会議」をしようとすると複雑なシステムを導入して、大掛かりな設備が必要というイメージだったかもしれません。でも、ハングアウトを使えば(ウェブカメラとマイクさえあれば)、もはや無料でテレビ会議ができてしまうんですね。慣れてしまえば、操作も本当にカンタンです。カメラもマイクも内蔵されているiPadひとつあれば、家から会議に参加することもすぐに実現します。 今回はハングアウトをご紹介しましたが、同じようにチャットやテレビ電話ができるサービスに「Skype(スカイプ)」もあります。テレビ電話としての機能はほとんど同じですが、ハングアウトはGoogleのアカウントで利用できるため、GoogleやGmailを日常的に利用している方であればハングアウトが便利かもしれません。ただ、ハングアウトの通話は10人同時までですが、Skypeは同時に25人まで登録ができるそうです。 離れたところにいるクライアントと打ち合わせが必要な際は、ぜひハングアウトを利用して、顔を見ながらの打ち合わせをしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

佐山

PAGE TOP